足底筋膜炎なら|川越市 口コミ1位の接骨院・整体院

受付時間

ゆうおう接骨院 049-244-2288

アクセス

足底腱膜炎(足底筋膜炎)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 裏・かかと・土踏まずに痛みがある
  • 歩きはじめの第一歩や立ち上がった時に痛み・激痛がある。
  • 歩行時や立っているときに痛みがある
  • 足底腱膜炎・足底筋膜炎に悩んでいる

足底腱膜炎(足底筋膜炎)とは?|ゆうおう接骨院

底腱膜は足裏にある筋肉や腱を保護している腱様組織で、足裏かかと(踵骨)から足のゆび(足趾)に繋がっています。

【足底腱膜(足底筋膜)の役割】
1. 足裏のアーチ形成の保持
2. 荷重が加わった際にクッションのように衝撃を吸収する

足底腱膜(足底筋膜)が何らかの原因で炎症を起こして痛みなどをもたらすものをいいます。

足底腱膜炎(足底筋膜炎)の原因とは?|ゆうおう接骨院

スポーツによる過度の負担

ランニングやジャンプ動作などで、圧迫力と牽引力の両方が繰り返されることで、足底腱膜に大きな負担が加わります。
マラソンやサッカーなど走る動作のスポーツ、バスケットボールやバレーボールなどのジャンプ動作が多いスポーツをしている人に多くみられます。

長時間の立ち仕事

仕事中など長時間立っていることが多いと足裏で自身の体重を支え続けることになるため、足底腱膜への圧迫力の負担が増加します。

筋力の低下

加齢など筋力低下にともない足底腱膜自体の柔軟性や足裏の筋力も低下します。柔軟性や筋力が低下すると足底腱膜への牽引力が強くなるため、足底腱膜に過度の負荷が加わってきてしまいます。

ふくらはぎが固い・柔軟性がない

足首の関節は、スポーツ動作等で着地した時の衝撃を吸収する働きがあります。ふくらはぎが固いと足首の関節が固くなり、前方へ重心が移動しないため着地の時に、しゃがむ動作がしづらくなりその衝撃が足裏後方へと伝わり足底腱膜に過度の負担が加わることになります。

肥満体型

過度の体重により足裏に負荷がかかり、足底腱膜への負担が増大します。

靴の不適合

クッション性がない靴などは足を着地した時に衝撃が足裏に伝わりやすくなり、足底腱膜への負荷が増大します。また、歩くときに足指が使いづらいきつい靴なども、足裏へ負担が加わる為、足底腱膜にも負担が増大します。

川越市で足底腱膜炎(足底筋膜炎)でお悩みの方は、ゆうおう接骨院・整体院にご相談ください。

当院の足底腱膜炎(足底筋膜炎)の治療方法とは?|ゆうおう接骨院

圧力波治療・筋膜リリースで根本改善を行ないます。

日本全国でもまだ設備されている病院や治療院は少ない圧力波治療(ショックマスター)。

当院の圧力波治療はプロ野球選手の大谷翔平も推奨しているもので、拡散型の圧力波でターゲットとなる患部を含め広範囲に及ぶ筋・腱の施術に適しています。

圧力波による刺激は患部の末梢神経を麻痺させて痛みを改善させるとともに、細胞が再構築を繰り返して治癒を促進させます。

効果は人により様々ですが照射した直後から数日で痛みが軽減する方、治療後すぐに効果を感じることが出来ない場合でも、患部の細胞が再構築を促されることにより痛みの改善に期待ができます。

治療は1週間に1回 合計6回前後の施術を行います。

また、アメリカで開発された筋膜リリース(グラストンテクニック)で癒着が生じた軟部組織(筋肉・腱・靱帯など)をリリースすることで、軟部組織の機能改善やリハビリ効果を向上させます。

川越市で足底腱膜炎(足底筋膜炎)でお悩みの方は、ゆうおう接骨院・整体院にご相談ください。

お問い合わせ

ゆうおう接骨院

049-244-2288

住所
〒350-1165
埼玉県川越市南台3-13-1 秀和川越南大塚レジデンス106号
駐車場
院の裏手に駐車場を5台完備

受付時間