受付時間

ゆうおう接骨院 049-244-2288

アクセス

ジャンパー膝

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝を曲げると痛みが出る
  • 大会が近いので早く膝痛を治したい
  • 膝の痛みを成長痛だと諦めている
  • 湿布を貼っても膝の痛みが取れない

ジャンパー膝とは|川越市 ゆうおう接骨院・整体院

正式には膝蓋腱炎と言い、ジャンプ種目のスポーツ選手に多く見られる為、ジャンパー膝と呼ばれます。膝蓋腱は大腿四頭筋(大腿前面の筋肉)の腱の事であり、膝蓋骨(膝のお皿)の下縁から脛骨粗面とういう部分に付きます。ジャンパー膝はこの部分に痛みが発生するものです。

原因

  • ・使い過ぎによるもの

    膝蓋腱はジャンプの着地の際に牽引ストレスを受けてしまいます。このストレスを繰り返し受けてしまいますと、腱の付着部や実質部に微細な損傷が発生してしまいます。他にも陸上の短距離選手などの瞬発的なダッシュなどでも発生する場合があります。

  • ・大腿四頭筋の筋力、柔軟性の低下

    大腿四頭筋の筋力、柔軟性が低下すると通常よりも強いストレスを受けてしまい、膝蓋腱炎を助長させます。

症状

膝蓋骨(膝のお皿)の下部分の疼痛、圧痛がみられます。また、膝を曲げる時に痛みが発生してしまい、重症度が高い場合は歩行不能になる可能性もあります。

予防

スポーツ活動をする前にストレッチ等のウォーミングアップを行い、筋肉に柔軟性を持たせるのは基本となります。またスポーツ活動後にもしっかりストレッチを行うことにより疲労物質などを除去出来ますのでスポーツ活動後もしっかり行いましょう。この疲労物質を除去しないと、どんどん筋肉が硬くなってきてしまいます。他にもスポーツ活動以外での日常生活にて積極的にトレーニング、ストレッチを行いジャンプの着地などに対応できる筋力、柔軟性を身に付けることが重要になります。

当院での治療|川越市 ゆうおう接骨院・整体院

深層筋調整は、ただ痛いところ・ツライところを『モミほぐす』のではなく、解剖学的知識を源に全身のバランスを考え、深層にある筋肉を調整することで痛みの原因にアプローチしていく施術です。特に脚周りの筋肉全体を調整していきます。

筋膜リリース(グラストンテクニック)とはアメリカで開発された治療技術で、雑誌Tarzanでも掲載されましたこともあります。癒着が生じた軟部組織(筋肉・腱・靭帯など)をリリースし、軟部組織の機能改善やリハビリ効果を向上させます。

圧力波治療(ショックマスター)とは体外で発生させた圧力波を痛みのある患部に照射することで、痛みを改善させる施術です。圧力波による刺激は患部の末梢神経を麻痺させて痛みを改善させるとともに、細胞が再構築を繰り返して治癒を促進させる効果に期待ができます。プロ野球選手の大谷翔平選手も推奨する治療機器です。

ジャンパー膝でお悩みの方は、川越市のゆうおう接骨院・整体院にお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ゆうおう接骨院

049-244-2288

住所
〒350-1165
埼玉県川越市南台3-13-1
秀和川越南大塚レジデンス106号
駐車場
院の裏手に駐車場を5台完備

受付時間